>注目の話題

注目の話題

  • 2018.02.21
  • ハードディスク以外の記憶媒体の消去

    HDDフォーマットデータ復旧年間3,500件の復旧実績。官公庁や上場企業の実績があるDr.データ復旧が、自力復旧は データ復旧率を大幅に低下させる危険な行為です。
    まずは外付けHDDデータ復旧専門業者にご相談してみてください。

  • 2018.02.20
  • ハードディスクのデータの消去手法

    データを完全消去する基本的な方法は、記憶媒体の全ての記憶領域に2進数の0と1のランダムな組み合わせを書き込む処理となる。完全消去処理のセキュリティレベルは、

    部分の完全性。有意な情報が記録され得る媒体の部分が、あますところなく物理的に上書き処理されたか。
    OSが稼働中のディスクに対する消去という事は、この時点で完全性を欠いている[3]。
    処理の完全性。上書き処理が正しく行われたか、エラーが発生していないか。
    残留情報不存在の完全性。媒体の記憶密度や特性に併せて、科学的知見から、元のデータを推測できる一切の電磁気学的情報が残存していないか。
    に依存する。

  • 2018.02.20
  • フォーマットとデータ消去の関係

    データの完全消去(データのかんぜんしょうきょ、英語:Data erasure、データの完全削除とも)とはハードディスク等の電子媒体内のデータを電子的にデータが残留しないように、特殊なハードウェアやソフトウェア等を用いた上書き処理で完全に削除する、コンピューターセキュリティ上の手法の一つ。

    民生用向けでは、ハードディスク、フラッシュメモリの完全消去のための各種ツールが有名である。一方、電子媒体でも、光ディスク(CD/DVD/BD等)、光磁気ディスク(MO)の完全消去に関しては、必要性にもかかわらず、ハードディスク、フラッシュメモリほどには強調されていない。

  • 2018.02.20
  • フォーマットの種類論理フォーマット

    フォーマット(初期化、イニシャライズ)とは、
    コンピュータやデジタルカメラなど対象となる情報機器で使用できる状態にすること。
    またデジタルでは、データを関連機器で扱うために必要なデータを記録することが必要な場合もある。
    これをアプリケーションフォーマットと呼ぶ。

  • 2018.02.20
  • フォーマットの種類物理フォーマット

    フォーマット(初期化、イニシャライズ)とは、
    コンピュータやデジタルカメラなど対象となる情報機器で使用できる状態にすること。
    またデジタルでは、データを関連機器で扱うために必要なデータを記録することが必要な場合もある。
    これをアプリケーションフォーマットと呼ぶ。

  • 2017.12.29
  • フォーマット(初期化イニシャライズ)とは

    フォーマット(初期化、イニシャライズ)とは、
    コンピュータやデジタルカメラなど対象となる情報機器で使用できる状態にすること。
    またデジタルでは、データを関連機器で扱うために必要なデータを記録することが必要な場合もある。
    これをアプリケーションフォーマットと呼ぶ。

  • 2017.12.27
  • パーティション(Partition)とは

    コンピュータのハードディスクのパーティション (Partition) とは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。パーティションを作成することをパーティショニング (Partitioning) とも言う。

  • 2017.12.26
  • 論理障害とは

    論理障害(Logical Damage)とは、データ障害のうち、機器自体は故障していないにもかかわらず、内部の電磁的記録に障害が発生したもの。

  • 2017.12.26
  • 物理障害とは

    物理障害(physical damage)とは、データ障害のうち、ハードウェアなど機器自体に障害が発生したもの。

お問い合わせ、ご相談は

Dr.データ復旧
DataRecovery Technology LTD.

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-47-10 ナオイビル401

まずはお電話を!03-6205-7722

Copyright © 2015 Data Recovery Technology, Inc. All rights reserved