2019.05.27

ネットワークアタッチトストレージNASとは

ネットワークアタッチトストレージNASとは

ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage) とは、コンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ。TCP/IPネットワークに接続して使用する補助記憶装置であり、コントローラとハードディスクから成るファイルサービス専用のコンピュータである。OSがチューニング・独自開発されている場合もある。

Local Area Network(LAN)を介して複数端末でファイルを共有するためのストレージ機器である。古くからあるファイルサーバと基本的には同じものであるが、用途を特化する事で高速かつ導入・管理が容易であるというメリットがある。ファイル共有のアプライアンスとも言える。

NASと呼ばれる事が多い。カタカナ表記では、ネットワーク・アタッチド・ストレージのように「ト」を「ド」と書くのも一般的である。

コントローラ部分を独立させたものをNASゲートウェイあるいはNASヘッドとも呼ぶ。

 

注目の話題

  • 2019.05.29

    HDDの梱包方法

    故障メディアに更なるダメージを与えないためにも、しっかり梱包した上で送付しましょう。

  • 2019.05.27

    フォーマットの種類論理フォーマット

    フォーマット(初期化、イニシャライズ)とは、
    コンピュータやデジタルカメラなど対象となる情報機器で使用できる状態にすること。
    またデジタルでは、データを関連機器で扱うために必要なデータを記録することが必要な場合もある。
    これをアプリケーションフォーマットと呼ぶ。

  • 2019.05.27

    フォーマットとデータ消去の関係

    データの完全消去(データのかんぜんしょうきょ、英語:Data erasure、データの完全削除とも)とはハードディスク等の電子媒体内のデータを電子的にデータが残留しないように、特殊なハードウェアやソフトウェア等を用いた上書き処理で完全に削除する、コンピューターセキュリティ上の手法の一つ。

    民生用向けでは、ハードディスク、フラッシュメモリの完全消去のための各種ツールが有名である。一方、電子媒体でも、光ディスク(CD/DVD/BD等)、光磁気ディスク(MO)の完全消去に関しては、必要性にもかかわらず、ハードディスク、フラッシュメモリほどには強調されていない。

top