2019.05.27

論理障害とは

論理障害

論理障害(Logical Damage)とは、データ障害のうち、機器自体は故障していないにもかかわらず、内部の電磁的記録に障害が発生したもの。

具体的には、ファイルシステム(file system)の損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除などが該当する。ハードディスクドライブ(Harddisk drive)の論理障害は、「論理的な障害」「ソフトウェア障害」などと呼ばれる場合もある。また、OSのファイルが消失したり、損傷しているためにPCを起動できなくなった場合、ウイルスに感染してコンピュータがクラッシュしたケース、また誤ってファイルやフォルダを削除してしまったケースも、論理障害に該当する。

マスターブートレコード、パーティション(Partition)テーブルやブートセクタなどが、突発的なエラーや誤操作によって損傷を受けた場合、パーティションが認識されなくなったり、OSが起動できなくなることもある。

また、ファイルの管理領域であるマスターファイルテーブルやファイルアロケーションテーブルが、突発的なエラーなどによって損傷を受けた場合、ファイルにアクセスできなくなるなどの不具合が生じる。

注目の話題

  • 2019.05.29

    クリーンルームの重要性

    ハードディスクはClass 100クリーンルームで製造されているのをご存知ですか?

  • 2019.05.27

    ネットワークアタッチトストレージNASとは

    ネットワークアタッチトストレージ (Network Attached Storage) とは、コンピュータネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ。

  • 2019.05.27

    パーティション(Partition)とは

    コンピュータのハードディスクのパーティション (Partition) とは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。パーティションを作成することをパーティショニング (Partitioning) とも言う。

top