2019.05.27

物理障害とは

物理障害

物理障害(physical damage)とは、データ障害のうち、ハードウェアなど機器自体に障害が発生したもの。

ハードディスク(HDD)に発生しうる例を挙げると、ヘッドクラッシュや、PCB(ハードディスクドライブの基盤)不良、スピンドルモーターの不良やベアリングの焼きつき、プラッターのアライメントが狂ったもの、ハードディスクドライブのファームウェア不良、メディアダメージや不良セクタ、メディアの熱膨張によるオフトラックなどは物理障害に該当する。

上記のような故障が発生した場合、ハードディスクドライブが異音を発する、アクセススピードが著しく低下する、ハードディスクドライブがスピンしない、ハードディスクドライブがBIOSで認識されないなどの症状が代表的である。また、ハードディスクドライブを水没させてしまったり、火災などで燃えてしまった場合、ハードディスクドライブを落とすなどして外的な衝撃を与えてしまった場合や、停電や強制終了などによってシステムを正常に終了させられなかった場合や、高温・多湿な環境でハードディスクドライブを長時間動作させた場合、経年劣化などによっても発生する。


物理障害が発生したハードディスクドライブは、通電してドライブをスピンさせるだけで、プラッターへの損傷が拡大し、復旧の可能性が低下するケースもある。

注目の話題

  • 2019.05.29

    クリーンルームの重要性

    ハードディスクはClass 100クリーンルームで製造されているのをご存知ですか?

  • 2019.05.29

    ハードディスクの構造

    ハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)は高い精密度が要求される、パソコンの心臓とも言える重要な部分です。その仕組みを正しく知り、リスクから守りましょう!

  • 2019.05.27

    フォーマットの種類論理フォーマット

    フォーマット(初期化、イニシャライズ)とは、
    コンピュータやデジタルカメラなど対象となる情報機器で使用できる状態にすること。
    またデジタルでは、データを関連機器で扱うために必要なデータを記録することが必要な場合もある。
    これをアプリケーションフォーマットと呼ぶ。

top