2019.05.27

ハードディスクHDD認識しない時に注意すべきこと

ハードディスクHDD認識しない時に注意すべきこと
 
ハードディスクHDD認識しない時に注意すべきこと
 

HDD認識しない時のステップ1- HDDとは?

広く使われているHDDですが、メーカーも新製品を出し続け、さまざまなニーズのユーザーに対して作られています。
自分のコンピュータを持っているのなら、一定の期間で使用しているHDDを交換したほうがいいです。
「HDD認識しない」という状況がいつ自分に起きるかどうかわかりませんから。
「HDD認識しない」じゃなく、他の状況になるかもしれないので、気をつけて使った方がいいでしょう。

 

HDD認識しない時のステップ2-―さらに「HDD認識しない原因」を知る

消耗品であるHDDは、長期間壊れることなく稼働することは不可能です。
HDDは精密機器なので、少々の振動、衝撃でも問題の元になります。
その原因によって、「HDD認識しない」リスクが高くなってしまいます。
たとえ普段問題なく使っていたとしても、いきなり「HDD認識しない」状況にあうかもしれません。
直感的に「あ、パソコンが壊れたかなぁ」と思ってしまうのもよくありますが、「他に何かが悪い」せいでパソコンが立ち上がらない可能性もあります。一つ一つ検査を受けないと、「HDD認識しない」ことが原因だと確定できません。

 
HDD認識しない時のステップ3―自己診断

パソコンに問題があると確信できても、「HDD認識しない」ことが原因だと確信できない場合、
HDDに含まれるデータがそんなに大事ではない時には、ネットで解決方法を検索するか、もしくは当社の自己診断のページをご参照ください。
「HDDを認識しない」が発生したら、どうすればいいですかというガイドや幾つかの障害に関する説明も参考にしていただけます。
もちろん直接に当社へ電話をしていただくのも一つの方法です。
ご自身でHDDをテストする際には、注意すべきこともあります。
テストの時間も含め、通電する以上、症状が悪化する場合もあります。
HDDに含まれるデータが、大事なデータで、自分で復旧できない場合、HDDを触らずに、専門のデータ復旧会社を訪ねてください。
ご自身で持込するのは最も安全的な方法ですのでお勧めします。


「HDD認識しない」のステップ4-最後のアドバイス

HDDを使う限り、「HDDを認識しない」という状況に遭われる可能性があります。
どんな時でもバックアップを取った方がリスクを避けられます。
一旦「HDD認識しない」症状が発生し、ディスク損傷が原因の場合、もうディスクには目で見える破損がついてしまい、復旧する見込みすらありません。

 


 

注目の話題

top