2019.05.27

ハードディスクHDD障害は、2つ分類

ハードディスクHDD障害は、2つ分類

ハードディスクHDD認識しない時に注意すべきこと
 
論理障害

論理障害(ろんりしょうがい)とは、データ障害のうち、機器自体は故障していないにもかかわらず、内部の電磁的記録に障害が発生したものを指します。
具体的には、ファイルシステムの損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除などが該当します。
ハードディスクドライブの論理障害は、「論理的な障害」「ソフトウェア障害」などと呼ばれる場合もあります。
また、OSのファイルが消失したり、損傷しているためにコンピューターを起動できなくなった場合、ウイルスに感染してコンピュータがクラッシュしたケース、また誤ってファイルやフォルダを削除してしまったケースも、論理障害に該当します。



物理障害

物理障害(ぶつりしょうがい)とは、データ障害のうち、ハードウェアなど機器自体に障害が発生したものを指します。
ハードディスクに発生しうる例を挙げると、ヘッドクラッシュや、PCB(ハードディスクドライブの基盤)不良、スピンドルモーターの不良やベアリングの焼きつき、プラッターのアライメントが狂ったもの、ハードディスクドライブのファームウェア不良、メディアダメージや不良セクタ、メディアの熱膨張によるオフトラックなどは物理障害に該当します。

 


 

注目の話題

  • 2019.05.27

    Dr.データ復旧 口コミ・評判

    Dr.データ復旧は1989年に創立されたアジア初のデータ復元専門会社です。
    常にお客様を考える高いサービス品質が口コミにつながっています。
    以下、一部をご紹介します。

  • 2019.05.28

    Dr.データ復旧-復旧料金

    Dr.データ復旧の復旧料金は、デバイスとデータの破損状況によって算出されます。 容量、ファイルの種類、作業時間とは関係ありません。

  • 2019.05.28

    Dr.データ復旧-初期診断について

    Dr.データ復旧は常に最小限の時間内で、最大限のデータを復旧させるよう、心がけています。

top