2019.05.27

RAID5の基礎知識

RAID5の基礎知識

RAID5では、最低3ドライブが必要となります。全てのハードディスクに「パリティ」と呼ばれる冗長コードの方式で、データを分散し保存します。複数台のハードディスクの中のどれか一つが故障しても、保障のハードディスクと交換し、自動的に故障した部分を演算し復元します。

長所:

万が一、一つのハードディスクが故障したとしても、正常に運転出来ます。どれか1台のハードディスクが故障しても、それ以外のハードディスクのデータとパリティ情報から、元の完全なデータを生成して回復できます。


短所:

ハードディスクの故障が許されるのは1台までです。同時に2台以上のハードディスクの故障が発生した際、回復は不可能になります。使用できる容量は、全体ハードディスク数-ハードディスク1つの容量になります。

RAID 5データ復旧
 

注目の話題

top