2019.05.27

RAID5+1の基礎知識

RAID5+1の基礎知識

簡単に説明とすると、RAID 5に1台予備ハードディスクを加えます。その予備のハードディスクは「ホットスペア」と呼ばれています。上記RAID5と同じ方式ですが、データに対するセキュリティ性が更に上がります。RAID5の場合、パリティー機能により、使用者はハードディスクの故障に気づかないケースもよく見られます。実際故障を発見する時は、2台以上のハードディスクが故障し、運転できなくなった時です。一方、RAID5+1のホットスペアは故障を自動的に反応することが出来ます。他に残っているデータとパリティ情報などから必要なデータ集め、ハードディスクを元の正常状態に復旧します。


RAID51データ復旧

 

注目の話題

top