2019.05.27

RAID10の基礎知識

RAID10の基礎知識

RAID01、RAID0+1とも呼ばれています。RAID10では、高速・大容量なストレージ装置を追求するため最低4台のハードディスクが必要となります。上記RAID0の方式でデータを保存し、RAID1の方式でバックアップします。また、RAID1の方式でデータを保存し、RAID0の方式でバックアップさせ、同じ効果になります。RAIDの速度、容量、信頼性を大幅に向上しました。

長所:

同じデータが1つ以上にバックアップしてあるため、その中の一つのハードディスクが故障になったとしても、他方で処理を続行することができます。


短所:

同じデータを2つ持つことで、使用できるハードディスクの容量が全体の1/2になります。4台のハードディスクが入っている場合、2台の容量しか使用できません。また、1つ以上のハードディスクが故障した場合、故障したハードディスクに保存されてあるデータにより、処理を続行できない場合があります。


RAID 10 データ復旧
 

注目の話題

  • 2019.05.27

    RAIDの方式

    RAIDを実装する方法としては、ハードウェアで実現する方法(ハードウェア方式)とソフトウェアで実現する方法(ソフトウェア方式)がある。

  • 2019.05.27

    NASのデータ復旧について

    NAS(Network Attached Storage)とは、ネットワークに直接つないで使用するストレージ装置のことです。

  • 2019.05.27

    RAIDの基礎知識

    RAIDとはデータの分散書き込みにより高速で信頼性の高い記憶装置を可能にした技術です。
    「RAIDを制する者はデータを制する」とまで言われ、注目が集まっています。

top