2019.05.29

正しいデータバックアップ方法

正しいデータバックアップ方法
 
容量が多い場合
通常のバックアップ方法
1

●デメリット:型番も使い方も全く同じなため、同時に故障が起きるリスクが極めて高い。

Dr.データ復旧推奨のバックアップ方法
2
●もう一台のバックアップ用NASを用意し、バックアップ時のみを起動させる。型番も消耗状況も違うため、同時故障のリスクが低い。さらに、クラウドバックアップも出来ればもっと安心。

容量が少ない場合
通常のバックアップ方法                                                          Dr. データ復旧推奨のバックアップ方法
3                           4











●バックアップする時だけハードディスクを起動させることによって、ハードディスクの劣化を抑えることが出来る。

注目の話題

  • 2019.05.29

    ハードディスクが認識しない-自己診断篇

    異常を感じたら、焦らずに自己診断を行い、デバイスの状態を把握しましょう。

  • 2019.05.27

    フォーマットの種類物理フォーマット

    フォーマット(初期化、イニシャライズ)とは、
    コンピュータやデジタルカメラなど対象となる情報機器で使用できる状態にすること。
    またデジタルでは、データを関連機器で扱うために必要なデータを記録することが必要な場合もある。
    これをアプリケーションフォーマットと呼ぶ。

  • 2019.05.27

    ハードディスク以外の記憶媒体の消去

    HDDフォーマットデータ復旧年間3,500件の復旧実績。官公庁や上場企業の実績があるDr.データ復旧が、自力復旧は データ復旧率を大幅に低下させる危険な行為です。
    まずは外付けHDDデータ復旧専門業者にご相談してみてください。

top